Fact Verificationは、入力テキスト(発言要約)と会議録が与えられたとき、その要約の内容が本当に会議録中に存在するかを判定し、存在する場合はその範囲を特定することを目的としています。

 

   

 

データ構造(評価用入力データ)

フィールド名説明サンプル
IDデータを一意に識別する番号00001
Prefecture会議の開催地東京都
Date会議の開催年月日24-2-28
Meeting会議の識別情報平成24年第1回定例会
Speakerデータの主要部。発言者宮崎章(自民党)
UtteranceSummaryデータの主要部。発言内容〔1〕被災地そして日本の未来のため東京は先頭に立つべき。知事の所見は。〔2〕「2020年の東京」計画に込めた決意は。〔3〕24年度予算に込めた思いは。
UtteranceType発言の種類。question(質問) or answer(回答)question
ContextSummary発言前後の対話全体の要約日本の未来のため東京が先頭に。帰宅困難者対策をどう具体化か
ContextWord発言が対象としている主題都政運営の基本姿勢
RelatedUtteranceSummary発言に関連する発言の要約。
例: UtteranceTypeが「回答」のとき、回答のもととなった質問の要約
〔1〕都は全国の先頭に立ち被災地復興を強力に後押ししていく。〔2〕都市のあるべき姿を世界に発信し先陣を切って行動を起こし日本の再浮上に繋がる努力をしたい。〔3〕予算を原動力に東京を成長と発展の軌道に乗せ東京から日本の再生を牽引すべく全力を尽くす。
StartingLine本タスクの予測対象。要約開始行 。DocumentEntailmentがfalseの場合は-122233
EndingLine本タスクの予測対象。 要約終了行。 DocumentEntailmentがfalseの場合は-1 22252
DocumentEntailment本タスクの予測対象。情報の真偽true